コレクション: ティアドロップ

『ナス型』と呼ばれるグラスのタイプで、 代表的なものにレイバン、アメリカンオプチカルのサングラスがある。 通称タレサン。 パッドの部分からたれさがるような楕円形をしていることで、この名称が生まれたとされる。 古くは第2次大戦後、米軍のマッカーサー元帥が厚木海軍飛行場に降り立った際に掛けていたサングラスのカタチ。 それ以来、広く知れ渡ることとなった。 70年代には日本でもこの型がブレイクし、松田優作などが愛用。 リバイバルファッションブームによって最近また注目が集まっている。

5個の商品